スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サッカーW杯】エスコートキッズ、夢のピッチ(産経新聞)

 ■「選手と手つなぎたい」16日出発

 サッカー・ワールドカップ(W杯)の11日の開幕に胸をときめかせている小学生たちがいる。19日のオランダ戦で日本代表と一緒に手をつなぎ、ピッチへと入場する「エスコートキッズ」たちだ。約9900人の応募者から選ばれた11人は16日、保護者らとともに成田空港から南アフリカに旅立つ。「南アフリカにいる親友と会いたい」「私もなでしこジャパンに」。子供たちはそれぞれの思いを胸に夢舞台へと向かう。

 「南アフリカでまた一緒にサッカーをしたい」

 5月16日に東京都内で開かれたエスコートキッズの任命式で川崎市の小学2年、森清志郎(きよしろう)君(8)は報道陣に笑顔で語った。

 サッカーをしたい相手とは同じ幼稚園に通い、園庭で一緒にボールをけった同級生の男友達だった。卒園後は別々の小学校に進んだが、家族ぐるみの付き合いが続いた。しかし友達は昨年12月、父親の転勤で南アフリカに引っ越した。

 「Jリーグのエスコートキッズにも応募してきましたがずっと外れていた。初めて当たったのがW杯で、しかも友達がいる南アフリカなんて運命を感じる」

 母親の敦子さん(40)は驚きを隠せない。5月上旬に当選を知った直後、清志郎君にせがまれて友達家族に「南アフリカ行き」をメールで伝えた。すぐに、「家族大騒ぎ。眠れないくらいに嬉しい」と返事がきた。

 友達家族もオランダ戦をスタジアムで観戦する予定で、南アフリカに同行する敦子さんは「何とか2人を会わせたい。子供をショックで帰国させたくはない。責任重大です」と表情を引き締めた。

 「オラ アフリカさ行くだ」。変わったタイトルの選考用写真でビニールハウスの横で自分の体ぐらいある鍬(くわ)を担ぎ、笑顔を見せていた岩手県奥州市の小学4年、松戸はなちゃん(9)も、エスコートキッズの座を射止めた。報道陣から「手をつなぎたい選手は?」と質問され、「選手みんなと手をつなぎたい」とはにかんだ。

 5月上旬、エスコートキッズを主催する日本マクドナルドからマスコット「ドナルド・マクドナルド」が自宅をサプライズ訪問。エスコートキッズの招待状を手渡され、「本当なの? 夢じゃないよね」と驚くばかりだった。

 幼稚園のころから父親の英治さん(45)とボールをけって遊び、小学3年で地元のサッカースクールに入った。「なでしこジャパンになることが夢」と目を輝かせる。

 休日は自分から家の畑の野菜にじょうろで水をかけるなど農作業を手伝う。英治さんは「地元から出たことがほとんどない子。今回の経験を通じて大きな視野で物事を見られるようになってほしい」と話した。

【関連記事】
「本田1トップ」で勝負か 攻撃の形、いまだ模索中
“山の神”が岡田ジャパンを救う!新公式球&高地で神風シュート!?
闘莉王、ドログバ骨折に「何で騒がれるのかわからない」
勝利への切り札はふりかけ!? 帯同シェフも奮闘
W杯会場警備に一抹の不安 9年前の悲劇と重ねる

鳩山首相辞任 辞意に驚きの声 民主党両院議員総会(毎日新聞)
手足口病、近年最多ペース=重い合併症に注意―感染研(時事通信)
鳩山首相辞任 4日に新代表選 小沢氏「組閣は7日」(毎日新聞)
<パナソニック>業務用蛍光灯に不良品 無償交換へ(毎日新聞)
“ゼロ”系商品が好調も、清涼飲料水市場は2年連続縮小(Business Media 誠)
スポンサーサイト

海守れ! 訓練にSST投入(産経新聞)

 海上保安庁の観閲式と総合訓練が29日、羽田沖の東京湾で実施された。巡視船や航空機を使った人命救助や船舶火災消火など本番さながらの訓練が展開され、対テロ特別部隊の「特殊警備隊」(SST)も初登場した。

[フォト]海上保安官といえば… 映画「海猿」第3弾 伊藤パートナー役に三浦翔平

 訓練では、武装密輸船にふんした巡視艇に海上保安官が乗り込み、武器で制圧する場面も。観閲式は30日も実施される。

【関連記事】
侵入時「カメラに撮影させるのが目的」 シー・シェパード元船長初公判ライブ
【関連記事】
(2)検察「カメラに撮影させるのが目的」 SS元船長初公判ライブ
シー・シェパード船長のベスーン容疑者、日本船侵入を認める シー・シェパード逮捕
外国人テロ上陸! 想定し10機関が連携訓練
捕鯨妨害やられっ放し?対策新法“難航”
酒気帯び事故起こし逃走、海上保安官逮捕 神奈川
iPadが上陸

巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検―福岡県警(時事通信)
安全大使に「ひろみちお兄さん」=ライター事故防止、業界本腰(時事通信)
「農家の理解が強制処分の前提」農水副大臣(読売新聞)
【風】授業は遅れ運動会も延期(産経新聞)
ハナショウブ もうすぐ見ごろ 足立区立しょうぶ沼公園(産経新聞)

大麻草のジャングルが室内に…ベトナム人5人逮捕(読売新聞)

 兵庫県内の一戸建て住宅3戸を改装し、住み込みで大量の大麻草を栽培したとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室は17日、神戸市垂水区旭が丘、無職グェン・タン・フォン容疑者(39)らベトナム国籍の男女5人を大麻取締法違反(営利目的栽培)などの疑いで逮捕し、大麻草1443本を押収したと発表した。

 全国の麻薬取締部では過去最大級の押収量で、末端価格1億円以上の乾燥大麻を製造できるという。室内には扇風機やライトが設置され、家全体が「大麻製造工場」になっていた。

 発表によると、グェン容疑者らは3月28日~5月12日、同区と兵庫県明石市、多可町の2階建て住宅で、それぞれ密売目的で大麻草を栽培した疑い。

 3戸は借家などで計22室あり、グェン容疑者らは、このうち寝室や台所などを除く16室で鉢に植えて栽培。園芸用の照明や反射板のほか、扇風機やストーブ、換気扇などを備え、日照時間や光量、温度、湿度が調整できる状態だった。住宅街などにあり、屋外まで異臭が漂っていたとされる。

 押収した大麻草は最大約1メートル50まで成長。捜索の際、室内は大麻草でジャングルのようになり、床も足の踏み場がなく、容疑者の一人は茂みに隠れていたという。

殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
かすむ明石海峡 神戸などで濃霧(産経新聞)
ゾシンなど新製品の拡大で増収―大正製薬・医薬事業(医療介護CBニュース)
石原知事、谷さん擁立「日本を考えたことあるか、聞いてみろよ」(産経新聞)
特許の権利譲渡書偽造、容疑で会社役員ら逮捕(読売新聞)

<訃報>斎藤庸一さん87歳=詩人(毎日新聞)

 斎藤庸一さん87歳(さいとう・よういち=詩人)7日、肺炎のため死去。葬儀は12日正午、福島県白河市愛宕町94の関川(かんせん)寺。喪主は妻菜穂子(なほこ)さん。

 1962年、詩集「雪のはての火」で晩翠賞を受賞。代表作に詩集「ゲンの馬鹿」など。

GDP名目成長率4%、「みんな」が公約の柱(読売新聞)
室内から複数足跡 横須賀の男性殺害(産経新聞)
「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明(産経新聞)
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)

コンタクトレンズ ずさんな手入れ 後絶たぬ感染症(産経新聞)

 国民の10人に1人がコンタクトレンズを装用しているといわれる中、ずさんな手入れなどによって感染症を引き起こすトラブルが後を絶たない。感染症の対処法には早期診断、早期治療が大切だ。しかし、眼科医の処方なしにネットや通販でも入手できるため、利用者の意識は低下。メーカー各社はレンズケア商品の一部に「こすり洗い」を記すマークを付けるなど眼障害の予防に努めている。(日出間和貴)

 ≪微生物の温床≫

 最近、眼科医を中心に指摘されている「アカントアメーバ角膜感染症」。充血や視力障害、さらには失明といった深刻な事態を引き起こす感染症だ。アカントアメーバは、汚れた淡水や土中、室内のほこりにも存在する微生物。レンズに付着して目に入り、角膜のキズに侵入して感染する。

 業界関係者は「微生物の繁殖にとって湿気の多い環境は好都合。しかし、多くの人がコンタクトレンズの消毒を洗面所周りで行っているため、どうしても衛生状態がおろそかになりやすい。レンズ用品を置いてある場所が微生物の温床になりかねない」と指摘する。

 コンタクトレンズの使用動向も影響している。コスト意識から、1日使い捨てから2週間、1カ月タイプにシフトする傾向が強まっていることもあり、レンズケアに対して細心の注意が必要だ。また、アカントアメーバの危険性が高い水道水で洗浄を代用する者が、若年層を中心に少なくないという。

 日本コンタクトレンズ学会が感染症で入院治療が必要となった症例を対象にした全国調査(平成19年4月から1年間。重症患者数228例)でも、ずさんな取り扱い例が明らかになっている。重症合併症は男性に目立ち(126例)、重症例のレンズケアでは(1)レンズのこすり洗いをしていない(77%)(2)レンズケースの定期交換をしていない(73%)(3)レンズの消毒を毎日していない(51%)など。レンズの使用期間や定期検査でも、正しく守られていない例が多かった。

 ≪ケア用品の弊害≫

 昨年12月、国民生活センターが出した「ソフトコンタクトレンズ用消毒剤のアカントアメーバに対する消毒性能」と題した報告書にも、ソフトコンタクトレンズを使用する約1割にアカントアメーバ汚染の痕跡があることが指摘された。

 コンタクトレンズによる重大な眼障害の実態が明らかにされる中、日本コンタクトレンズ協会では(1)石けんで手洗いをする(2)レンズを洗浄液でこすり洗いをする(3)レンズケースを定期的に交換する-といった安全管理を呼びかけるなど、ユーザーに対する啓発を強化している。

 一方で、レンズの洗浄から消毒までを1本で済ませるレンズケア用品が浸透し、簡便性が手抜きを招いているという声もある。ホームページで「アイアカデミー」を運営する眼科医の糸井素純(もとずみ)さんは「眼科専門医の処方を受けないことがトラブルの原因」と警鐘を鳴らす。

 専門医の処方を受けない人は、その後の定期検査も怠りがち。小中学生のユーザーに対しては親が正しいケア方法を指導することも大切なようだ。

                   ◇

 ■高度管理医療機器に該当

 コンタクトレンズは心臓ペースメーカーなどと同様に、生命や健康に重大な影響を与える恐れのある「高度管理医療機器」に該当する。しかし、ユーザーにはその認識は乏しく、低年齢化が進んでいる。法的な年齢制限もないため中高生だけでなく、最近では小学高学年での装用が目立っている。医薬品医療機器総合機構ではホームページ上でコンタクトレンズの適正使用に関する情報を提供するほか、医療機器相談(平日午前9時から午後5時)を受け付けている。

大正大学で「さくらそうフェア」 豊島区(産経新聞)
ドジョウが原告「当事者能力なく不適法」と判決(読売新聞)
路上強盗・ひったくり連続4件 大阪でバイク2人組(産経新聞)
<食物アレルギー>10年間で倍増 東京都の3歳児調査(毎日新聞)
ヨットのキャビン風、近鉄「ビスタカー」改装(読売新聞)
プロフィール

すながわたつお

Author:すながわたつお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。